Dogfood Navi
高品質なドッグフード・犬用サプリメントを厳選
本当に安全な製品だけを選びぬきました♪

ドッグフードを与えていて問題が発生したら

愛犬にドッグフードを与えていて、急にいつものドッグフードを食べなくなってしまうことがあります。この原因は色々考えられますが、体調に異常がなければ、「わがまま」が主な理由です。おやつや美味しいものを欲しがる時に与えていませんか?ドッグフードを食べなければ、美味しい物がもらえると学習してしまうと、ドッグフードを食べなくなってしまうので。おやつなどの与えすぎには注意しましょう。

「下痢」「おう吐」「皮膚の赤み」「体を痒がる」「抜け毛が多い」などの異常が出ていたら「食物アレルギー」の可能性があります。ワンちゃんのおよそ4割は食物アレルギーを持っていると言われています。愛犬がどんなアレルゲンを持っているのか、動物病院で診てもらうのも大切ですね。

食物アレルギーの症状でもっとも多く見られるのが、皮膚の疾患です。赤くなって皮膚が痒くなります。愛犬が皮膚を噛んでいたら要注意です。症状を悪化させてしまう恐れがあるので、早めに獣医さんに相談して下さい。

ドッグフードに含まれるものでアレルゲンとなるものは色々あります。「牛肉」「乳製品」「小麦」「子羊肉」「鶏肉」「鶏卵」「大豆」「トウモロコシ」など、ドッグフードには多く使われているものです。まずは、愛犬のアレルゲンを動物病院で特定してもらいましょう。

アレルゲンがわかれば、そのアレルゲンを含んでいないドッグフードを選ぶだけです。ドッグフードのパッケージに記載されている原材料を確認します。原材料は含まれている順番に表示されています。アレルゲンが含まれていないか確認して下さい。最近では食物アレルギーに対応したドッグフードもあるので試してみるのも良いでしょう。

ドッグフードを与えて愛犬に問題があった場合は、勝手に判断せずに、まずは獣医に相談することが大切です。胃捻転などが原因の場合もあるので、迷ったら動物病院で診断してもらいましょう。

ドッグフードは日々与えるものです。良質のものを選んでもアレルギーになっては折角の出費も意味がありません。愛犬の様子をよく観察し、食物アレルギーがありそうな場合は、アレルゲンを特定して、把握しておくことが大切です。

トップに戻る