Dogfood Navi
高品質なドッグフード・犬用サプリメントを厳選
本当に安全な製品だけを選びぬきました♪

ドッグフードに使用されている添加物の危険性

近年、犬の寿命が延びたのは、フィラリアの予防と犬の食生活が向上したからという説があります。
しかし反対に、ドッグフードに含まれる保存料や着色料などが、犬の健康に害を与えている可能性があるとの指摘もあります。
そのようなことから、プレミアムという栄養や添加物に配慮したドックフードの売り上げが順調だそうです。

ドッグフードを選ぶ際には、保存料・着色料など添加物の有無、使われている肉の種類の確認も行うことが重要です。

実は、犬と人間とは必要な栄養素が違うのです。
人間には害のないものでも、犬にとっては健康を害する場合もあります。
添加物であるドッグフードを腐らせず、長持ちさせる保存料である酸化防止剤は、発ガン性があるとされています。
見分け方としては、成分材料を確認することはもちろん、製造から2年以上など極端に賞味期限が長いものは注意したほうが良いでしょう。

また、着色料と甘味料にも注意が必要です。
着色料はいわゆる発色剤で見栄えを良くする為に缶詰などのウェットタイプやビーフジャーキーに含まれており、肉の赤い色を再現するために使用されます。
アレルギー症状の誘発や、発がん性もあるとされています。

甘味料は、食い付きが良くなりますが、本来犬には糖分や塩分は不要です。
甘味料が多く含まれていると、内臓の負担となり機能低下、糖尿病やアレルギー症状、涙やけなどの原因となるのです。

トップに戻る