Dogfood Navi
高品質なドッグフード・犬用サプリメントを厳選
本当に安全な製品だけを選びぬきました♪

大粒ドッグフードは大型犬用

あまり気にしないかもしれませんが、ドッグフードには様々な大きさや形のものがあります。丸や三角、ドーナッツ型、平型など愛犬の体形などを考慮したドッグフードが販売されています。

例えば、ドーナッツ状のものは、水分の吸収率が良いので、消化の苦手な子犬やシニア犬用に使われています。

一般的なドッグフードの大きさは、約1cmで小粒は1cm以下のものです。犬は食べ物を飲み込みやすい性質があります。フレンチブルドッグやビーグルなどの食欲が旺盛な犬種は、大粒のドッグフードを食べると丸飲みしようとしてノドに詰まらせてしまう危険絵性があります。このような犬種には小さめのドッグフードがオススメです。

但し、カリカリと噛むのが好きなタイプのワンちゃんには、小さめのドッグフードは物足りない感じがするでしょう。この場合は、少し大き目のドッグフードを選んであげましょう。しっかりと噛むことでストレスも解消して、歯の健康にもつながります。

一般的に大型犬用のドッグフードは、大粒になっています。一般的な小粒だと満足感が得られません。しっかりと食べ応えのある大きさのドッグフードがベストです。

では、小型犬用のドッグフードを大型犬に与えてはいけないのでしょうか?

小型犬は大型犬と比較すると代謝が激しくなっています。その分カロリーを必要とするので、小型犬用のドッグフードは高カロリーになっています。逆に大型犬用はカロリーは低目です。大型犬にとって、小型犬用のドッグフードは栄養の取りすぎになるリスクがあります。

しかし、小型犬が大型犬用のドッグフードを食べてはいけないというわけではありません。良質なドッグフードであれば、与える量さえコントロールすれば問題はありません。

ドッグフードに対する好みは、愛犬によって様々です。大型犬でも小粒のドッグフードを丸呑みにするのが好きなワンちゃんもいます。大粒=大型犬用と単純に決めるのではなく、愛犬の好みに合わせてドッグフードを決めることが大切ですね。

トップに戻る