Dogfood Navi
高品質なドッグフード・犬用サプリメントを厳選
本当に安全な製品だけを選びぬきました♪

安全な無添加ドッグフード

愛犬の健康維持のために、少しでも安全なドッグーフードを選びたい物です。しかし、実際に選ぶ際に、何を基準にしたら良いのか迷いますね。まず、重要なのが原材料です。

ドッグフードに記載された原材料のメインが、「トウモロコシ」や「小麦」「脱脂大豆」などが表示されている場合は、オススメではありません。犬は、元来肉食なので穀物を上手く消化できません。犬が消化できる割合は、卵100%、鶏肉94%、牛肉83%、小麦60%、トウモロコシ54%と報告されています。他のものと比較しても穀類の吸収率は悪くなっています。

愛犬のためには、肉がメインのものを選ぶようにしましょう。但し、「○○ミール」や「肉副産物」と曖昧な表現のものは、要注意です。粗悪なものが使われている可能性があるので、牛(ビーフ)、豚(ポーク)、羊(マトン又はラム)などと具体的に記載されているものがベストです。

ドッグフードで問題となっているのが、「添加物」です。ペットフード安全法では農薬や保存料などの危険な添加物の使用量が決められています。しかし、エトキシキンやBHA、BHTなど発ガンリスクが指摘されているものがあります。このような添加物が含まれているドッグフードは避けたいものです。

最近は、「無添加」と表示されたドッグフードが増えています。しかし、ここで理解しておきたいのは、「無添加=添加物を含まない」ではないということです。

ドッグフードを製造する上で、オイルコーティングをします。この脂の酸化を防ぐためには保存料が必要です。100%無添加のドッグフードは、長期保存はできません。

無添加で使用されている添加物は、アスコルビン酸やトコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物などの天然由来のものです。人工の添加物のような発ガンのリスクはありあせん。

天然の添加物は、人工の添加物に比べてコストは高くつきます。当然、ドッグフードの価格も高くなります。

無添加のドッグフードだからといって100%安全とは限りません。どのような自然の添加物が使用されているのか、原材料は何か、などチェックしてより良質なドッグフードを選ぶことが大切です。

トップに戻る