Dogfood Navi
高品質なドッグフード・犬用サプリメントを厳選
本当に安全な製品だけを選びぬきました♪

ダイエット用のドッグフード

獣医さんのアンケートによると、愛犬の2~3割は肥満傾向にあるそうです。肥満は様々な病気を引き起こす原因にもなります。愛犬家にとっても他人事ではありません。

肥満の原因は、「食べる量が多い」「運動不足」「おやつ」「加齢」「糖尿病などの病気」などが考えられます。

加齢や病気が原因の場合は、獣医の支持に基づいた減量をおこなうのがベストです。

ドッグフードを食べて太る理由は、ドッグフードに含まれる炭水化物です。炭水化物は主にお米やトウモロコシ、小麦などに含まれる栄養素ですが、愛犬は穀物の消化が上手くできません。消化できずに残ってしまった炭水化物は脂肪に変化します。つまり、穀類を多く含んだドッグフードは肥満を引き起こす要因になります。

当然、おやつの与え過ぎも栄養過多になります。美味しい物を欲しがるのは当然ですが、欲しがるからといって与え続けると肥満になってしまいます。

また、中型や大型犬は摂取カロリーが大きいので、それなりの運動量も必要です。運動不足になるとカロリーの摂取量とのバランスが崩れて、肥満の原因になります。適度な運動を心がけることは大切です。

ドッグフードやおやつなどが原因の場合は、ダイエット用のドッグフードが効果的です。ダイエット用のドッグフードは、大きく「減量用」と「体重維持用」があります。

減量用のダイエットフードは、獣医に肥満と診断された愛犬や太った愛犬を適正体重に戻したい場合に、与えます。成犬用のドッグフードよりもカロリーが15%少なくなっています。

体重維持用のドッグフードは、「日頃から運動量が少ない」「去勢や避妊をした」「子犬の頃太った時期があった」「日頃から食欲が旺盛」などのワンちゃんにオススメです。一般的なドッグフードより10%ほどカロリーは抑えています。体重維持用のドッグフードは、栄養も十分に摂取できるので、リバウンドの心配はありません。

肥満は愛犬にとっても大敵です。愛犬の理想体重をきちんと把握して食事をコントロールすることが大切ですが、肥満が心配な場合はダイエット用のドッグフードを試してみることも必要ですね。

トップに戻る