Dogfood Navi
高品質なドッグフード・犬用サプリメントを厳選
本当に安全な製品だけを選びぬきました♪

犬のアレルギーに獣医おすすめのドッグフード

犬も人間と同じように、アトピーやアレルギーになります。アレルギーになると「体を痒がる」「湿疹」「くしゃみ」以外にも「口臭」「下痢」「おう吐」などの症状があらわれます。

犬のアレルギーで多いのが「食物アレルギー」です。あるペットフード会社の調査では犬の約4割が食物アレルギーもしくは食物アレルギーの可能性があると報告されています。

食物アレルギーの原因は、牛肉、乳製品、小麦、仔羊肉、鶏肉、鶏卵、大豆、トウモロコシなどの原材料やドッグフードに含まれる添加物です。

ドッグフードを選ぶ際には、危険な添加物が入っていないか、原材料は何を使っているかをチェックすることが大切です。

愛犬のアレルギーの原因となっている物質(アレルゲン)は、動物病院で調べることができます。アレルゲンがわかれば、ドッグフードを選ぶ基準も明確になります。獣医さんと相談して決めるのが安心でしょう。

インターネットのサイトでは、「獣医がすすめるドッグフード」と銘打ったドッグフードが紹介されています。様々な商品がありますが、単純に「獣医がすすめる」という宣伝文句だけでドッグフードを決めるのはオススメできません。

安心安全なドッグフードの基準をクリアしているかが重要なポイントです。まずは、「無添加」であることです。ドッグフードを保存するためには酸化防止剤は不可欠です。問題は人工の添加物を使っているかどうかです。天然の添加物を使用しているものを選びましょう。

原材料は良質の動物性タンパク質であることも重要です。「○○ミート」や「肉副産物」などのようにどんな肉かわからないものはNGです。また、穀類が主原料になっているドッグフードもオススメできません。

ドッグフードを製造する上で油脂でコーティングしますが、この油脂も重要です。「動物性油脂」と記載されているものは酸化が早いので危険な酸化防止剤が使われています。「動物性油脂」が使用されているドッグフードは避けましょう。

本当に「獣医がすすめるドッグフード」は、「ヒューマングレード(人が食べられるレベル)」
ものです。この基準を理解して宣伝文句に惑わされないようにドッグフードを選ぶことが大切です。

トップに戻る