Dogfood Navi
高品質なドッグフード・犬用サプリメントを厳選
本当に安全な製品だけを選びぬきました♪

老犬にすすめたいドッグフードとは

愛犬も年を取ると運動量も少なくなり、歩き方もトボトボゆっくりになりますよね。寝ている時間が多くなり、食事も若い頃のようにガツガツ食べなくなります。犬も人間も年を取れば食事の量は減っていくのは同じです。

年を取れば、必要なエネルギーも少なくなるので、タンパク質の量も減らした方が良い。とかつては思われていました。しかし、これは誤りです。老犬には成犬の2倍のタンパク質が必要なのです。筋肉が衰えているからタンパク質は少なくていいのではなく、筋肉が衰えないようにしっかりとタンパク質を摂取する必要があるのです。老犬には高タンパク質は内臓に負担をかけるという意見がありますが、これも誤解です。高タンパク質な食事は腎臓の働きを良くすることが最近の研究で発表されています。肝硬変などの重篤な病気でない限り、高タンパク質は老犬に必要なものです。

但し、高タンパク質でも、「良質」であることが条件です。原材料が明確になっている動物性のタンパク質がベストです。トウモロコシや小麦などが原材料になっているものは消化器官に負担をかけるので良くありません。できれば、「グレインフリー(穀物不使用)」のものがベストです。また、合成着色料や人工の添加物が使用されているものもオススメできません。

シニア用の良質のドッグフードは、価格の高いものが多くありますが、あまり高価だと経済的な負担になります。内容と比較しながらリーズナブルなものを選ぶようにしましょう。

「全年齢用」のドッグフードでも、元気であれば量を調整すれば問題ないという意見もあります。しかし、基礎代謝が落ちても老犬にはしっかりとした栄養は必要です。同じ100gでもその中に含まれる栄養素の量が多くないと栄養不足になってしまいます。また、消化の良いものでないと負担になります。シニア用をオススメする理由がここにあります。

また、関節をサポートするコンドロイチンやグルコサミン、脳の働きを良くするDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸などが配合されたものも多くあります。

愛犬は、人よりも早く老化します。少しでも健康で生きていられるように良質なシニア用のドッグフードを選んで下さい。

トップに戻る