Dogfood Navi
高品質なドッグフード・犬用サプリメントを厳選
本当に安全な製品だけを選びぬきました♪

牛肉フードの特徴

犬は自分自身で食事を用意できません。
野犬でない以上、飼い主が責任を持って犬の食事を日々用意してあげる必要があります。
犬は従順な生き物ですので、飼い主が用意した食事をれしそうに食べることが多く、飼い主と犬との間のコミュニケーションツールとしても、食事は大切です。

犬は元々オオカミ系の動物ですので、肉食に分類される動物です。
人間のように雑食なわけではなく、体に必要な栄養素やエネルギーは肉類を中心に得ていきます。
そのため動物性栄養素の強いドッグフードにはビーフが調合されているものが多いのです。

ビーフは犬の好物ですので、オヤツにもビーフジャーキーなどを与えると大変喜びます。
もちろんオヤツの与えすぎは危険ですが、お腹が空きやすい若い正犬や、ごほうびに使用する分には問題ありません。
現在ドッグフードの原材料は、粗悪なものを使わずに私たち人間が食べることが出来るような、安心の食材を使おうとする動きが活発です。
日本はまだまだ後進国ですが、アメリカやカナダ、ドイツでは厳しい基準を設け、信頼できるドッグフードが広く流通しています。
このような厳しい基準の中には、ビーフについても信頼できる場所で生成されたかどうかをチェックする項目があります。
ビーフに関しても不安がある場合、こうした基準をクリアした製品を買いましょう。

トップに戻る