Dogfood Navi
高品質なドッグフード・犬用サプリメントを厳選
本当に安全な製品だけを選びぬきました♪

ドッグフードで適正体重維持を

一日に一回以上の散歩が必須の犬は、運動させることでダイエットもさせやすい動物です。
幸い、ドッグランなど犬を運動させる小広場のあるショッピングセンターや、ドッグラン専用の施設も増えてきています。
けれど、場所の変化や他犬との接触がストレスになる犬もいます。
また、一日の運動量も飼い主さんの時間的な制約もあり、あまり長時間になる散歩はできないケースもあるのではないでしょうか。

犬の健康のためには、日ごろの運動によって犬の適正体重を保つことが第一ではありますが、犬種・成長時期にあわせたドッグフード選びも重要になってきます。

もし、犬が肥満してしまうと、足腰の病気や糖尿病、心臓病など様々なリスクが高くなってしまいます。
ドッグフードには、犬種指定の商品もありますし、適正に与える量の記載もあります。
犬は自分で適正量を判断できませんので、飼い主が与える量についてきちんと管理し、もしおやつを多く与えてしまったようであれば、普段のドッグフードの量を抑えるなど、調整してみましょう。

それでも犬の適正体重をオーバーしてダイエットが必要になってしまった場合は、ドッグフードを与える回数を増やして総量を減らす方法の他、ダイエット用のドッグフードも出ていますので、犬にとって必要な栄養の取れる・安全なドッグフードを選んでみてはいかがでしょうか。

なお、犬をダイエットさせる時に注意したい点は、急に体重を減らすことは犬の体調を損ないます。
一週間に1%の体重が減れば十分ですので、急がないようにしましょう。
もし、肥満の度合いや方法について不安があれば、獣医に相談してみるのもよいでしょう。

トップに戻る