カナダ産

ドッグフードに関する法律

犬の食事に気を使われている人は、日本国内のみならず世界中にいらっしゃいます。
ではどうして犬の食事に、細かく配慮をする人が増加しているのでしょうか。
それにはある事件がきっかけになっています。

アメリカで実際に起きた事件に、ドッグフードの中に有害なメラミンが混入する事件がありました。
粗悪な輸入製品を食べたペットたちは実際に亡くなっており、この事件を契機に世界中でペットフードを法律で規制する動きが出てきたのです。
事件の起きたアメリカや、元々人間の食事に関しての意識が向上していたヨーロッパでは、すぐにペットフードを規制する法律が出来ました。
厳しい農薬の制限や、粗悪な食材を混ぜ込まないように、現在においても厳しく制限されており大変安全です。

では、気になる日本においてはどうなのでしょうか。
日本においても、もちろん現在ペットフードの規制が行われています。
2009年6月1日より施行されている「ペットフード安全法」です。
この法律では、ペットの健康に十分配慮された食材を使ったペットフードの輸入を求めています。

国内産でも輸入産でも、愛犬たちに与えるドッグフードは、この法律に基づき販売されています
もしも粗悪なドッグフードなどが販売されていたら、速やかに保健所などに通告しましょう。
安全・安心なドッグフードを与えて、愛犬の健康を気づかってあげてください。